カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

タラバガニのさばき方



たらばがにのさばきかた
たらばがにのさばき方・調理方法を写真付きで解説します。(ズワイガニのさばき方も同様です)
【用意するもの】プロも使ってるかに専用ハサミ

脚を根元から1本ずつ切り離します。 片側を切ったら、反対側も切りましょう。 脚を全部切り、胴体だけにします。

甲羅を下にして、「ふんどし」と呼ばれる三角形の部分を開くように取り除きます。 開いた空間に指を入れ、ゆっくり甲羅とお腹部分を外します。 甲羅から外した胴体部分です。ボイル時にミソは抜いていますのでありません。

外した胴体両側のヒダ状のえらは食べれませんので左右を取り除きます。 えらを取り除いたら、口部分も切り、胴体を中心から半分に切り分けます。 これが抱き身(肩肉)と呼ばれるものです。結構、身が詰まっています。

肩から脚の付け根にかけての筋に沿ってハサミでさらに切り分けます。 先程、甲羅と切り分けた脚は、間接ごとに切っておきます。 なるべく身を傷つけないように内側と外側を切って食べやすいようにしておきましょう。

ぷりっぷりのたらばがに身 ■たらばがにのかにみそについて
タラバガニのカニミソは、毛ガニやズワイガニと違って茹でても固まらず食用にも適しておりませんので、オスの場合は、茹でる前に取り除きます。

かにみそを取らずに茹でると、せっかくの蟹の身を汚してしまいますので、ご家庭で【活タラバガニ】を茹でる前には、必ずかにみそを取り除いてから茹でてください。

■かにみその外し方
【ふんどし】と呼ばれるお腹の三角形部分を切り外すと、空間(穴)がありますので、そこから【カニミソ】をスプーンなどで掻き出し、軽く水洗いしてください。

ここまで出来たら、完成です!お皿に盛り付けてみましょう。
コツを覚えたら誰でもかんたん♪あなたもタラバガニの達人です。

たらばがに盛り付け例

たらば蟹はぷりぷりとした弾力とボリュームがある人気の味わいです。
冷凍していないタラバガニは、もちろん味も食感も異なり美味しいです!



プレゼントはこちら!




ページトップへ